2015年12月24日木曜日

クリスマスページェントの事

クリスマスイヴ。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

幼稚園のクリスマス礼拝・祝会はちょうど1週間前に終えることができましたが、その時、年長さんと全園児で行ったページェントについて思い起こしてみました。

 今年も年長さんたちはページェントの練習に大はりきりでした。宿屋さん、天使さん、羊飼い、博士、ヨセフさん、マリアさん、これらの役を与えられるのは年長さんだけ。聖歌隊の役だった年中さんの時、それぞれの子どもたちは歌を歌いながら「次は僕の番」と強い思いを持ったのでしょう。その思いが伝わるとても素晴らしいページェントでした。
 

 ただ、(今年は全て競合することなく決まったようですが)、この配役を巡ってはしばしば子どもたちの争いになることがあります。自分がやりたい役ができないのは、確かにつらいことかもしれません。でも、物事をさらにややこしくしてしまうことは、子どもの争いに親が加勢してしまうことです。ある園では、自分の子どもをぜひマリア役にしてほしい!と何度も頼んで先生を困らせたという話を聞いたことがあります。かわいいわが子の晴れ晴れとした姿を願うことは決して悪いことではありません。でも、その思いが強過ぎて、配慮を欠く言動になったら、クリスマスを迎えることの本当の意味を見失ってしまうことにつながると思います。
 

 戦前戦後の日本で長く牧師をしていた人に松田明三郎がいます。兵庫にある関西学院大学や、三鷹市にある東京神学大学という小さな神学校の教授も務めた方です。この方は詩人でもありました。その詩の中に、自分の牧する教会の子どもたちが行ったページェントの実話を基にしたものが残されています。

「星を動かす少女」

クリスマスのページェントで日曜学校の上級生たちは
三人の博士や牧羊者の群れやマリアなど
それぞれ人の目につく役をふりあてられたが
一人の少女は 誰も見ていない舞台の背後に隠れて
星を動かす役が当たった
「お母さん 私は今夜、星を動かすの。見ていてちょうだいね」
その夜、堂に満ちた会衆は
ベツレヘムの星を動かしたのが誰であるか気づかなかったけれど
彼女の母だけは知っていた
そこに少女の喜びがあった


我が子を見つめる母親の眼差し。
どんな時でも母が私を見ていてくれるという安心感に支えられて、子どもは誰が自分を認めてくれるか、ということを気にすることもなく、いきいきと隠れたところで星を動かす。
条件付きの眼差しではなく、無条件の眼差し。

先日、このお話を聞きまして、非常に感動しました。


どのご家庭にも豊かな恵みに満ち溢れたクリスマスでありますように(ま)
 

2015年12月17日木曜日

2015年度 クリスマス礼拝・祝会

♪「おーほしがひかる ぴかぴか~」

♬「きーよしー こーのよーるー」

今日は青梅幼稚園でクリスマス礼拝・祝会が行われ、きれいな讃美歌の歌声が響きました。

青梅幼稚園はキリスト教主義の保育をしておりますから、クリスマスにはみんなでイエス・キリストのお誕生をお祝いします。礼拝をみんな一緒に守り、その後、祝会にて踊ったり、歌ったり、とても楽しい時間を過ごし、そして年長さん及び全園児によるページェント(聖誕劇)を行います。

ページェントで役を与えられた年長さんは特別です。それぞれの子が、自分の役と台詞にプライドを持ち、自ら一生懸命取り組む姿は見る者の胸を熱くさせます。
実は今日、一人、年長さんの男の子がお休みでした。彼は宿屋の役で、とてもはりきっていました。台詞を現代風にアレンジしてしまったり、舞台袖でおしゃべりがうるさかったりと、いろいろありましたが、彼はいつも舞台に持って出る大道具の「家」を力いっぱい持って、他の子たちの助けとなっていました。本番直前、「今日はお休みのお友達のためにもがんばろう!」と担任を中心に話している子どもたちの顔はとても真剣でとても輝いて見えました。
 イエスの誕生を伝えてきた天使たちは、神に栄光あれ、地上のすべての人々に平和があれ、神は人を愛していますと歌うのです。人は憎しみや争いのために生まれたのではなく、愛し合える存在であると歌うのです。
お友達のことを思う気持ち、このクリスマスを祝う日にとても心に響いた出来事でした。

 お母さんたちの賛美も素晴らしかったです。綺麗なハーモニーを響かせてくれました。ソプラノ アルト、共にお互いを聞くからこそ響くのだと思います。とても素敵でした。

人はパンだけのために生きているのではない。平和の神の言葉に生きる。

この子どもたちが生きていく世界がどうか平和なものでありますように。お互いを思い、お互いを聞き、愛し合うことによって平和がもたらされますように。私たちが平和を作り出せるものでありますように。(ま)





















2015年12月3日木曜日

12月生まれのお誕生会

今日は12月生まれのお友達のお誕生会をしました。
今月は大きくなったらバスの運転手になりたい男の子、スーパーサラリーマンになりたい男の子、忍者になりたい男の子、仮面ライダーになりたい男の子の4人のお友達がみんなからお祝いしてもらいました。

さぁ、今月のお母さんたちの出し物は絵合わせクイズ!
それぞれ1枚カードをひいて、自分の絵と切れ端の合う絵のお友達を探します。
絵が合った時のホッとした表情がなんとも言えない子どもたちでした。

準備してくださったお母さんたち、とても楽しい和やかな時間を過ごせたと思います。
本当にありがとうございました。(ま)









2015年12月1日火曜日

日常写真

焼き芋 前日のイモ洗い


 



ライブ演奏!笛とドラム!



クリスマスツリー 飾り付け
 
 








さつまいも 茶巾絞り
 





11月誕生会

11月のお誕生者は大きくなったらカクレンジャー(赤)になりたい男の子、ラプンツェルになりたい女の子、カクレンジャー(赤)になりたい男の子、(多分)お姫様になりたい女の子、4人のお友達でした。

お母さんたちの出し物は「クイズ」。
何かがピュン!と飛ぶたびに子どもたちから、やんややんやの大合唱!
とっても楽しい時間となりました。

お母さんたち、ありがとうございました。(ま)



2015年11月23日月曜日

勤労感謝dayお父さんと遊んだよ!

今日は祝日ですが、お父さんたちと子ども達と一緒に幼稚園で、楽しい時間を過ごしました。

木の枝を使用した木製オーナメント作り。
金槌でくぎを打って、毛糸をまいて、飾りをつける…その一つ一つの作業にそれぞれの個性が出ていて面白かったです。お父さん達も上手に毛糸を巻いたり、編んだり!していました。

9歳までの子どもたちの心の中は主観的に物事をとらえます。
だから、「お父さんと一緒にやったら、こんな素敵なものができちゃった!お父さんすごい!」と、なります。
誰が準備して、何がどうで…なんてのは言ってもわかりません。
それよりも、お父さんといたら、こんないいものが手に入った、おいしいものが食べられた、それがそのまま、「お父さんってすごい!」につながります。
そういった体験を9歳までの間、たくさんしていただきたく思います。

反抗期はどの子にもやってきますが、その嵐のような時代を過ぎた時、「お父さんって すごい!」の体験が十分あると、一緒にお酒の飲める時代がやってきます。そのように関係の修復は容易だろうと思われるのです。

今日はどの木製オーナメントも素晴らしかったです。是非、来週からのクリスマスシーズン、お家で飾っていただきますように!(ま)