2014年12月19日金曜日

2014年 2学期 終業式

昨日のクリスマス礼拝・祝会での達成感そのままに今日は終業式でした。

笑顔があふれるその様子は見る者の心を温かくします。

2学期、いろんなことがあったけど、子ども達は確実に成長を続けていますね。

みんなと一緒にいると楽しいなぁ、と思います。

預かり保育を利用するお友達はまだ年内、会うことができるけど、そのほかのお友達、はもう来年…なんですね。

また、元気な顔を見せてね!良いお年を!(ま)

終業式。
みんなお話聞いてる?

りす組「歌えバンバン」を歌いました。

きりん組「赤鼻のトナカイ」

ぱんだ組「あわてんぼうのサンタクロース」





「日常写真」

ツリーにみんなで飾りをつけよう!


園庭おもちゃをみんなできれいにしました。
使用したのはヘチマで作ったタワシ!


これがヘチマタワシ。
意外と柔らかく、いい感じでゴシゴシできました。





クリスマス礼拝・祝会のあと、今年も椅子を片付けてくれるお父さん。
いつもありがとうございます!!



2014年12月18日木曜日

クリスマス礼拝・祝会2014

今日はクリスマス礼拝・祝会がありました。
たくさんのご父兄が見つめる中、子ども達は立派にやり遂げることができました。

特に年長さんが中心となって行うページェント(聖誕劇)。

台本作りは1学期に、音楽の録音は夏休み中に行い、じっくり時間をかけて園児全員で行う今回の形になっていきました。

年少さんは羊として、年中さんは聖歌隊として参加し、年長さんはそれぞれマリア、ヨセフ、天使、羊飼い、宿屋、博士、となり、園児全員で聖誕劇を行えたことはとても大きな意味を持っていると思います。

神の御子イエス・キリストはみんなのために、この世にお生まれになりました。 羊飼いたちにイエスの誕生を伝えてきた天使たちは、神に栄光あれ、地上のすべての人々に平和があれ、神は人を愛していますと歌うのです。人は憎しみや争うために生まれたのではなく、愛し合える存在として在ると歌うのです。

ヨセフがマリアを気遣い、天使が高らかに歌い、羊飼いは羊が間違えないように手を優しく引き、聖歌隊は賛美の声をあげ、宿屋は仲間同士、助け合っている。

本番の今日、子ども達は練習以上に素晴らしく、堂々としていたと思います。

一人ひとりの子ども達はどんなことがあっても神様から「愛される」存在であります。この愛されているという実感を胸に子ども達には幸多き人生を送ってほしいと思います。

本日はたくさんのご参加ありがとうございました。(ま)





2014年12月9日火曜日

第13回つくし組「親子でフラワーデザイン」

今日は年内最後のつくし組。
お天気も良く、19組の親子が参加してくださいました。

みなさん、きれいにお花を飾って、お部屋が華やいだ今日のつくし組さんでした。

今年は本当にたくさんの方々につくしぐ組に遊びに来ていただき、大変うれしく思いました。次回は年明け、1月20日(火)です。来年も楽しい企画を考えておりますので、たくさんのご参加をお待ちしております。(ま)




















2014年12月4日木曜日

12月生まれの誕生会

今日は12月生まれの誕生会。
4人のお友達がみんなからお祝いされました。

大きくなったら、トッキュウジャーになりたい男の子二人(黒、青)、都バスの運転手になりたい男の子、ケーキ屋さんになりたい女の子でした。

お母さんたちの出し物はマジック!

お母さん達の優しさそのままに、和やかな優しいマジックの数々。
楽しいお誕生会となりました。
お母さんたち、ありがとうございました。(ま)








2014年11月28日金曜日

11月生まれの誕生会

今日は11月生まれのお友達の誕生会がありました。

今月は大きくなったら仮面ライダードライブになりたい男の子。これからも健やかに大きくなってほしいとみんなでお祈りしました。

さて、今回のお母さんの出し物は…なんと、スパイダーマンが来ました。

そしてジェスチャークイズをしていったのです!

スパイダーマンのジェスチャークイズなんて見たことありませんでしたが、「さすが!!」と思わされたのはその動きのキレ!これはスパイダーマンにしかできない動きだと思いました。

きびきびした動きのおかげで子どもたちも しっかり答えられていました。

スパイダーマン、ありがとう!また来てね!(ま)




2014年11月27日木曜日

第3回母親講座「子どもの力になる絵本」

今日は青梅幼稚園「こひつじ」のお部屋で母親講座が行われました。今回、お迎えした講師の方は福音館 こどものとも 編集長の関根 里江さんです。関根さん自身、2児の母としての顔も持つのですが、仕事も子育てもそれは丁寧に愛情と手をたっぷりかけておられます。「絵本を作るのは産みの苦しみ。出来上がったら、あとは勝手に進んでいく」
なるほどぉ…
手をかける事の大切さを学びました。

私も子どもたちにたくさん手をかけるぞ!と、心を新たにしました。

今日はどうもありがとうございました。(ま)