2013年12月20日金曜日

今日で二学期終了です。

青梅幼稚園では今日で二学期が終わりました。
終業式の中で讃美歌「そらにひびく かねが」を歌いましたが、子どもたちはとても、はつらつと歌っていたように感じました。クリスマス礼拝・祝会を終えて、また一つ成長したように思えて、とても嬉しかったです。
また、終業式の後。各クラス、普段歌っている歌を舞台の上で披露しました。みんな楽しそうに歌っていました。

終業式のお祈りの中で、入院しているお友達が早く元気になって、幼稚園に来ることができますようにとみんなで祈りました。クリスマスのメッセージは「愛されている」ということ。そのメッセージがお友達の元にも届きますように。青梅幼稚園に来たサンタさんはプレゼントを彼の分も置いて行っています。もうすぐ、プレゼントも届きますよ。待っててね。

新学期は1月7日(火)からです。
また みんな元気に登園してきてくださいね。

それでは よいお年を!(ま)
お話、真剣に聞いています。


りす組さんは「森のくまさん」を歌いました。

11日連続欠席なしのきりん組さんは「赤鬼のタンゴ」を歌いました。

ぱんだ組さんは「ロック54」を歌いました。



2 件のコメント:

  1. クリスマス祝会は子どもが緊張してるのがわかって、見ているこちらもドキドキ。ちゃんとできるか心配しながらみてたけど、楽しかった。そしてみんなかわいかった!終業式の時の歌も聴いてみたかったなあ。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      子どもって本番に強いですよね。

      終業式の時は緊張から解き放たれたというより、達成感、充実感からくるのびのびさを感じました。

      子どもの成長を目の当たりにして幸せと感じると同時に、その責任の大きさも感じております。

      今後ともよろしくお願いいたします。

      削除