2012年9月26日水曜日

今日のパン(9/26)

チョコパン&ベーコンエッグパン


「あれれ?黒いおひげがついてるよ…」
「え?」

チョコパンを食べた後、口の両端にちょこっとチョコがついていました。
「やっぱ、チョコパン最高だよなぁ!」という男の子と園長先生。

大好きだから、かぶりついて、チョコがついてしまうんですね。
中にはちょこっとではなく、べったりついていたお友達もいたようです。

ベーコンエッグパンもみんな大好きだったようで、
今日はお昼ごはんの時間があっという間に終わってしまいました。(ま)

2012年9月25日火曜日

運動会へ向けて


(9/13 運動公園にて)
 ダンスの並び順わかるかな?
   青梅幼稚園では10月6日(土)に運動会があります。
それぞれの子どもたちが、いろんな形で運動会への取り組みを行っています。
 まだまだ、自分の事で精一杯の様子ですが、何回か練習をするうちに、少しずつ他者へ目が向くようになってきています。
(9/24 運動公園にて)
「○○ちゃんはこっち。私はこっち」
 子どもたちで踊るダンスの隊形に並ぶ時、年少さんが「どこかなぁ~」と迷っているところへ年中さんがやってきて、「私の隣だから、こっちだよ」と手をひいて教えてあげる場面が見られました。
  
(9/19 若草公園にて)
年長さん!踊ってます!

「がんばれー!」
応援に夢中。

 また、走るお兄さんお姉さん達の姿を見て一生懸命応援する年少さんたち。実はこの時、年少さんたちはリレーをしないので、特に“応援しなくてはいけない”というような事ではなく、自由時間だったのですが、走っている姿を見て自然と「がんばれー!」と応援していました。
体と心をたくさん動かして、楽しい運動会となるようにみんなでがんばっています。
本番が楽しみですね。

未就園児の参加できるプログラムもありますので、未就園児のお友達遊びに来てください。みんなで運動会を楽しみたいと思います。(ま)


「組体操でさぁ、…」
帰ってきて、手洗いをしながらも、話題は運動会。









2012年9月24日月曜日

毛虫が出たよ!


封鎖中のツバキ
  「先生!ちょっとちょっと!」
「なに?どうしたの?」

子どもたちが尋常ではない様子で、先生の手をひいて行きました。向かった先は幼稚園の門の側にある、子どもたちがよく木登りをするツバキの木でした。

「ほら!あそこ!毛虫!」
「どこどこ? あ、本当だ!」
確かに、それは紛れもなく茶毒蛾の幼虫でした。

茶毒蛾の幼虫は茶の木、ツバキ、サザンカなどにつきます。刺されると、赤く腫れあがり、痒くなります。

“ツバキの木には毒を持った毛虫がでる”
子どもたちは、先生にも聞いていたし、毎年繰り返される同じ出来事から、何気なくチェックしていたのでしょう。もちろん、私たち職員も気をつけてはいるのですが、今年は子どもの方が見つけるのは早かったようです。

自然の中で遊ぶことは、時に危険な物との遭遇も含まれています。しかし、これらのものを遠ざけてばかりいるのではなく、子どもたちの体験の中に入れていくことで、危機回避能力を身につけて行くのだと思います。

それにしても、「ここにいる毛虫はヤバい!」と騒いだ子どもたちの事、すごい!と思いました。
また、発見したのがリーダー気質のある子だったのも納得でした。(ま)

(現在、茶毒蛾の幼虫は駆除し、まだ発生する可能性があるので、しばらく厳重に様子を見ている最中です。子どもたちが被害にあわないように万全を期しています。)

2012年9月19日水曜日

お泊まり保育での出来事(ひ)


今日のパン(9/19)

ごぼうサラダパン と メロンパン   
「ねぇ、ねぇ、今日のパン なに?」
クラスでの作業をひと段落させたお昼前の時間、子たちが職員室を覗いて聞いていきます。
「今日はね、メロンパンと ごぼうサラダパン だよ」というと
「わーい!情報ゲットー!」
“食べることが楽しみ”と思えること、当たり前のようですが、そんな子どもの姿をみると大変うれしく思います。

「食べること」は「生きること」に直結しますものね。(ま)



2012年9月13日木曜日

夏の自由遊び



金庫の中は…
  朝一番で「金庫!金庫!」と、大急ぎで子どもたちが走っていきます。「金庫?どこ?」と、ついていくと、そこは園庭内にあるポスト。開けてみると、いくつかのお団子が入っていました。「俺のはこれだ」とその中から一つ取り出し、大事そうに手でこすりながら、「俺さ、このお団子、卒園するまでずっと大事にする!」
なんて、男らしい一言!

最近流行っている遊びの一つに「泥だんご」があります。青梅幼稚園には砂場とは別に泥遊びをするための「泥場」があります。ここへ、水を汲んできて、みんなでせっせとお団子を作るのです。
 この遊びの魅力は何と言っても身近な物でこんな物が!という発見と、何日にも渡って作り上げる続きの楽しみ感、そして、どくだみ茶作りの時と同様に単純作業をしながらおしゃべりの時間を過ごすことだと思います。



泥団子に欠かせないのは少量の水分ですが、何やらジョーロを持って水をこぼさないように歩く子どもの姿が…。「どこに行くの?」と聞くと「あっちだよ」。彼の向かった先は花壇でした。


元気になってね!

花壇と水道が少し離れているため、こぼさないように水を汲みに行かなければなりません。大人だったら、「面倒だ」と考えがちですが、子どもはにこにこして運びます。そして、花壇に着くと「どのお花が一番元気がないかなぁ…」と一番先に水をやるべき対象を探す子がいました。すごい!
 


その翌日、年長さんたちが珍しくみんなで砂を使って「お店屋さんごっこ」を始めていました。男の子も女の子も一緒に楽しそうに遊んでいました。
その翌々日、今度は何やら砂場に大勢集まって遊んでいました。「何作ってるの?」とみると大きな穴が掘られていて「温泉!」年長さんたちが穴を深く掘って、年中さん、年少さんたちが水をジョーロで入れていました。

温泉でーす!
 泥団子…花の水やり…温泉作り(砂遊び)…違う遊びを違う場所でしているようですが、実は「水」というキーワードでつながっていることに気づかされます。今年の残暑は本当に厳しいですから、涼を求める遊びに発展があるというのは当然の事かもしれませんね。






ヒンヤリ冷涼 布団

 最後に…砂場の上の藤棚の伸びた弦を切っていたら「この葉っぱもらっていい?」とある男の子がどこかへごっそり持って行ってしまいました。何するんだろう?と少しわくわくしていると、何と葉っぱを敷き詰めて寝床を作っていました。「気持いーなぁ!」と言っているので、実際私も寝転がってみると、
…「ナヌ!?」ヒンヤリしてる!
そういえば、温暖化対策で緑化の話はあちこちでされていますものね。
葉っぱの布団とは…!!子どもって本当にすごい!(ま)



うんていの影が担架で運ばれているみたいに見える!


今日のパン(9/12)


クリームパン           ツナポテト
青梅幼稚園では毎週水曜日は「パン給食」の日です。

パン給食は希望される園児へ軽昼食として小さめのパン2個(調理パン1個 菓子パン1個の予定)をパン屋さんの協力をいただいて提供するものです。毎週同じパンとならないよう、教師が調整して発注します。
 費用は1回(2個分)240円を一月分まとめて注文を受けます

 今週のパンはクリームパンとツナポテト。

2012年9月5日水曜日

今日のパン(9/5)

「カレーパン」・「くるみ&チョコパン」
 青梅幼稚園では毎週水曜日、パン給食があります。希望者のみの利用(毎月ごとに変更可)なので、お弁当の子ももちろんいますが、パン給食を希望した子は2種類(調理パン・菓子パン)のパンがお昼ごはんに出されます。

 今日のパンは「カレーパン」と「くるみ&チョコパン」。

どちらもパン生地がふわふわで、子どもたちも一口食べて「やわらか~い」とおいしそうに食べていました。サイズも青梅幼稚園児のために少し小さめに作られていて、子どもたちが無理なく食べきれる大きさになっています。

これから、パン給食のある日はパンの紹介をしていきますので、どうぞ、ブログをご覧になってください。(ま)