2012年7月31日火曜日

オリエンテーリング

「なんのにおい?」「ウーロン茶?」…どくだみ茶です。

わが子を見守る母の視線がとても優しいですね。



裸足だってらくらくルンルンルーン♪


お弁当の時間

体を動かした後のお弁当の味は格別!
しかも、みーんな一緒にワイワイがやがや食べるのって楽しいですよねぇ。


 


 



 

 


青梅幼稚園ではお弁当の後、自分のお菓子を他の人に配るのが、伝統になっている様子。
お友達に、先生に、お友達のお母さんに、お菓子を持って
「はい、どーぞ」「ありがとう」の声が響きました。




お泊まり保育…番外編


写真では見えないですが、子どもたちが注目しているのは大量のアリです。みんなが登園してきた頃、アリの大移動が園庭で行われていました。アリさん、お引っ越ししたのかな?

夕飯のカレーの準備をしてくださるお母さんたち。ありがとうございました!


バナナの似合う男

スイカをほとんど皮まで食べる男


朝の体操…もちろん、ラジオ体操!

みんなで朝のお散歩。いつもと違う非日常に子どもたちは何を思ったのでしょうね。

2012年7月27日金曜日

紙すきハガキを作ってます

紙すきハガキ作りで子ども達が一番楽しそうな所は色を混ぜて「何色ができるか」という所。「青と紫と…」「ねぇ、黄色入れてもいい?」と興味津津で色紙をちぎちぎ…。必要なグラム数がちぎれるとミキサーの中に。そして、水を入れてスイッチを入れる瞬間、「さぁ、何色になるんだろう…」と目が輝きます。
色紙をちぎちぎ。
「私、青がいい」
「私は紫」
最初は何でもかんでも、「入れてしまえぇ~!」と、とにかくその作業自体(特にミキサーのスイッチを入れる作業)に関心がいきますが、そのうち特に年長の子ども達は実験を始めます。青と黄色で緑、赤と青で紫、「じゃ、赤と白で何色?」と聞くとちょっと考えてから「ピンク!」。多くの子が混色の仕組みを理解しているように感じました。これも感覚的なのかな?
混色の面白さは例えば一口に「緑」といっても同じ緑はできない所。自分たちで配合した色がやさしい淡い色でできた時、「おー!!」と驚きの声があがります。周りで見ている方も「おー!!」と同じく驚き、一緒に嬉しい気分になってしまいます。

「わ!きれいな青!」
ぎゅーっと押して…

 そんな風にして、現在、量産中。そのうち、何らかの形で幼稚園の行事に使用する予定です。
お楽しみに!(ま)

乾かして、出来上がり~!

2012年7月23日月曜日

日常ワンショット パート2


おおばこを使って…
はっけよーい、のこった!

「あー、負けちゃったぁ」






園庭にいたカタツムリ…
「でか!」

バナナとチョコパンで
「ほら!カタツムリ!」

落ちていたつるを使って、
「めがねだよ~」













「横断歩道を渡るときは手を上げましょう」
うんていの影が横断歩道なんだ!













2012年7月12日木曜日

日常ワンショット


「初めてトカゲ持った!」
小さな生き物の鼓動を感じました!

「お水あげるからねぇ。」
優しく語りかけながら、水も根元に優しく掛けてあげていました。













サッカーのルールで折り合いがつかず、けんかに発展……。



そこへ、おてんば娘が駆けてきて…
「ちょっと、俺たちサッカーしてるんだぞ!」
「線が消えちゃったじゃないか!」

「あ…そうか、俺たち、サッカーしてたんだ」


ルールを決めなおし何となく再開…。
で、上に戻る…。
2回繰り返し。まるで、デジャヴゥでした。





 
お散歩の途中で…
「あ、たこさんウィンナーだ!」
「また、何いってんの……」



子どもって面白い!
             
 「本当だ!」

※ホタルブクロ

2012年7月5日木曜日

青梅幼稚園産 どくだみ茶

どくだみの花が白く咲きだしたころ、「この草でお茶ができるんだよ」と、自由遊びの時に散々子どもたちに吹き込み、手伝ってもらおうと企んでいたのですが、いざ蓋を開けてみると、あまり飛びついてくれませんでした。「くさ!」「変な臭い!」などなど。嗅覚も子どもの方が繊細なのかな、と思いましたが、とにかくその独特な臭いに、ほとんどの子が2~3本取ったら「じゃぁねぇ」と違う遊びへレッツゴーでした。
そして干すこと約10日間。カラカラに乾燥してくると臭いも収まって、干してあるのが日常の風景になりつつありました。
「この前の日曜日にね…」
干したどくだみの束を取り、満を持して、葉っぱちぎり。日常の風景が少し変わると、その変化に敏感に反応するのが子どもです。わっと集まって来て、乾燥した葉っぱをちぎちぎ。こういう単純な手作業をしながら、お喋りをすると会話がはずむんですって。でも、先日そんな姿を見た子に「おじいちゃん」といわれてしまいましたが…。
「えーと、5gはもうちょっとかな?」
そして、いよいよお茶パックにつめて(麦茶と1:1でブレンドしました)テラスに用意しておくと、これまた、わっと集まって来てみんなで飲みました。


【どくだみ】という植物は昔から優れた薬草として知れ渡っており、生薬名として【十薬(じゅうやく)】という名前が付けられているように、10種類の薬効(効能)があると考えられていました。どくだみ茶の効能・効果として代表的なものに身体の毒素を排出するといった、いわゆるデトックス効果が挙げられ、健康面だけでなく美容面においてもイロイロと効用があると言われています。具体的にはニキビや吹き出物の解消、アトピー性皮膚炎・花粉症の症状緩和、便秘解消効果などが挙げられます。

とはいえ、中には「うわー、あんまりおいしくない…。だまされた」なんて言う子もいました。もちろん「あ、おいしいじゃん!」と言って何杯もおかわりする子もいましたよ。
また、お迎えの時、お母さん達にも自由に飲んで頂きました。「昔、おばあちゃんが作ってくれたお茶の味がする」などいろんな感想をいただきました。

夏へ向けての水分補給にどくだみ茶を活用していきたいと思っています。(ま)